気づきの為のブログ

2018 / 09 / 14  02:29

オファーとデッドライン

今から4か月程前。

 

マーケティングの勉強を本格的にはじめた。

 

そのきっかけは1冊の本だった、、

 

ダイレクト出版さんさんから販売されてる本だ。

 

 

去年1年間折り込みチラシを手書きで書いてニュースレター風の内容のチラシを6000枚いれていた。

 

 

反応としてはチラシが毎月手書きのやつが入っててなんか楽しみにしてたのよ!

 

 

っていう方もいてくれたりして新規のお客様が見たっていってくれる人が数名はいたのでチラシ見てきたんだって

 

 

わかったけど、、

 

 

毎月の結果としては6000枚に対してどうなの?

 

 

わからない、、

 

 

そう、僕のチラシには決定的に欠けてるものがあった。

 

 

それはオファーとデッドライン。

 

 

これが何も記載されてないチラシじゃ反応率もわからず、

 

 

チラシを見た人にどうしてほしいかもわかわない。

 

 

チラシを見てニュースレター風だからなんかおもしろいのが入ってて読んでくれるだけ。(読んでるのかもわからないけど)

 

 

内容としては

 

私はこういう人です。

 

こんなエピソードがあって

 

こんなことで喜んだり、笑ったり、悲しんだりしています。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

と自己紹介をひたすら毎月してただけ。

 

 

自己紹介の後に

 

 

だから私に会いに来て!同じ気持ちになれる人は私に会いに来て。

 

 

私はいついつまでここにいるから!

 

 

って言ってない自己紹介。

 

 

これは私を知ってる人を増やしただけ。

 

 

あなたにどうしてほしくて、いつまでにしてほしいって伝わらない、わらない、

 

 

から反応もわからない。

 

 

だから、反応のわかる、反応を上げる方法を模索して

 

 

たまたま出会ったのがダイレクト出版さんのビルクレイザーの「ぶっ飛び広告集」って本。

 

 

そこからダイレクトレスポンスマーケティングのお話に引き込まれていった。

 

 

オファーとは提案

 

デッドラインとは期限

 

絶対外しちゃいけないこの2つを書いていないで毎月チラシを書いていたなんて。

 

でも書くことにはだいぶ勉強になったけど。

 

 

今朝も自宅のデスクから、、、   田仲 直樹