気づきの為のブログ

2018 / 10 / 11  07:04

セールスコピーライティング

今日は以前折り込んでいたチラシをお見せしますね。

 

手書きのニュースレター風を意識して書いてました。

 

 img036.jpg

 

それでは何人そのチラシで来店されたか?

 

まったくわからなかったんです。

 

 

そんな感じのチラシをしばらく毎月書いて折り込みに同じ地域にいれてました。

 

約6000枚から8000枚ほど。

 

ちゃんと計測はできてないけど新規のお客様はチラシを見たよ!

 

って方はいらしてました。

 

多分、、

 

月に2~3名ほど。

 

内容としてはお店の雰囲気、人間味のある感じ

 

 

どういう人が働いてるお店なのかがわかるような

 

そんな感じのチラシにしてました。(自分では。。)

 

でも一番書かなきゃいけないことが書いてないチラシになってました。

 

それを見た人が来る動機にもなる大事なこと。

 

 

特典と期限【オファーとデッドライン】

 

 

ダイレクト出版さんでセミナー受けてて(非常におもしろい)

 

勉強してまず気づいたことがこれだった。

 

まず行ってみようかなと思う動機のひとつになる特典。

 

よく見るのが

 

特典つけずに何人集客できました!

 

とかあるじゃないですか。あれはホント凄いと思います。

 

お店からの想いやお客様自身が自分が求めてたのはコレ!

 

って伝わってお店にまだ来たことがない人に行ってみたい!

 

って思ってもらえたってことですからね。

 

私の悩みを解決してくれそうね!っていう内容が伝わり

 

行ってみようかしらって思ったときに特典があったらもっとご来店いただけるかもしれないですよね?

 

もし自分だったら試しに行ってみようかなって

ハードルは下がります。

 

特典ない場合でも限定ってあるじゃないですか。

 

何人限定

あーそうなのね、早く行かないとなくなっちゃうかも。

 

限定メニュー、

このチラシを見た方でご新規様限定でこちらのセットが受けられます!

 

これしてみたいから早く電話しなきゃ!

 

その想いをより強くするのが期間ですよね。

 

有効期間。デッドライン。

 

そうすると限定ってのが生きてきます。

 

特典は置いといても締め切りは必ずなきゃね!

 

締め切りがあるから人は行動するということ。

 

私のチラシにはそのどっちもなかったですけどね。。

 

計測できないじゃん、、

 

最近は折り込みいれてないけど、次の機会にはそこだけは忘れずに入れ込む。

 

今後折り込みチラシ

何枚を

こんな方法で

こんな特典で

こんなデッドラインで

 

私たち、個人事業主がチラシ集客で成功できるようなチラシ作成を。

 

まずは来年から実践したものをここで報告していきますからね。