気づきの為のブログ

2018 / 10 / 12  08:13

目標を具体的にする

隅田川沿いの朝。自宅のパソコンから、、、

 

昨日も帰りの時間、常磐線が遅れてたなぁ。

 

最近、よく電車が遅延してる気がする。

 

いつも通勤で乗ってる路線は僕の乗る時間帯はそんなに混んでないんだけど、

たまに遅延してメチャ混みのときがあると電車の中の空気感の悪さったらないですよ。

 

普段そんなにギュウギュウじゃないからその時間帯の人達は混んでるのダメだよね。

 

あれって不思議で人の発するオーラっての、なんか空気感の悪さったらないよね。

 

みんなイライラしてるの肌で感じるっていうか、だれもしゃべってないのに伝わってくるからね。

そういうのって面白いよね。

 

感じてる感情とか気持ちが言葉にしてないのに伝わってくるんだから。

 

まあ自分もいつも穏やかに周りの人が落ち着いてくれるようなオーラをだせるようにマインドを整えよ!

 

そのマインドを整えてテンションあげていくのが目標を持つってことかな。

 

スタッフと話してたんですけど、

話を聞いてみて本人にはやりたいことの目標がある。

 

ほんとはそうしていきたいって目標。

 

 f0da2030b9e7f535435eb2d6e58a8f1d_s.jpg

 

だから今回の場合は、その大きな目標をいつ頃に達成できるようにしていこう!

 

みたいなお話をしてたんだけれども、

 

それが具体的にいつまでとか、そのためにどうするとか、少しづつ見えてきたりするとそのスタッフの表情って変わってくるんですよね。

 

多分思考がシンプルになるんだと思う。

 

今やるべきことややらなきゃいけないことがなんとなく見えてくるんだと思う。

 

そういうことってあるじゃないですか。

 

いつまでにいくら貯めて旅行行く!とか、

 

夏までに何キロやせて水着になる!とか、そういうの。

 

それを仕事でも具体的にしていけば行動がシンプルになるのかも。

 

おおきな目標とかじゃなくても来月までにこの数字をあなたは頑張りましょう!

 

話し合って自分で目標設定してもらい、

 

そのために経営者はどんな協力ができてどんなご褒美を用意するか、

 

その積み重ねで達成したときの満足感、達成できなかった時の改善点、

 

よくあるじゃないですか、

 

PDCAサイクル。計画⇒実行⇒評価⇒改善これを繰り返す。

 

スタッフ一人一人に置き換えて一緒に目標設定考える⇒実行⇒評価をしてあげる⇒もっと良くなるために何が足りなくて、次はどうするか、

 

これの繰り返しを定期的にひとりひとりに具体的にしたほうが行動がシンプルになって仕事でのしなきゃいけないこと、やるべきことがわかりやすいかもね。

 

一人一人とそんな会話をしてなかったから。今まで。

 

お店として目標きめて年間行動計画とかね。

 

いつまでにこれして、これして、とか結果こうですからもっとここを頑張ろうとか伝えてはいますけど、

 

そのために一人一人の目標、立場や技量によって変わってくるし、その結果に対して上のひとはちゃんと評価しなきゃいけないよね。

 

小さなことでもできたらちゃんと評価する。できてなかったら一緒に考えて自分から次はできるように意識を高めてもらう。

 

お店全体的なことばかりじゃなく働くひとりひとりにPDCAサイクルを活用して働くということでも

 

少しでも達成感や成長を促せるんじゃないかとこっちもやる気になってきました。

 

もっと定期的にひとりひとりと会話の時間をもって何を考え、どう思ってるのかを聞かなくちゃいけないな。

 

と思う話し合いをしたよってお話でした。