気づきの為のブログ

2018 / 10 / 31  08:00

迎える気持ちをもつ

【お聞きの放送は、私たち個人事業主がお店の経営をもっと楽しむために自身の勉強を通して得た知識や学びをお伝えし、あなたにちょっとした気づきをもたらす1UP放送。

44歳、荒川区中高年のアイドル田仲直樹です。】

 

これ何か?

 

田仲直樹のラジオ放送のオープニングトークなんです。

 

言葉で伝える音声ブログ!←←

 

 これね、収録前にだいたい台本みたいなの書いてるんです。

 

でもパソコンでブログ書くより早い!

 

手書きでダーっと書いたほうが6分位のトークを15分くらいで書き出せるんですよ。

 

音声メッセージなんかも送れるので「参考になりました!」って他のポッドキャストやってる人に送ったらお互いがんばりましょう!みたいなのを返してくれて(感激っス!)

 

いい声ですね!も嬉しかったし、ほんと楽しみながらやってるので、良かったら聞いてみてください。

 

寝る前に聞いたら自然と眠れるかも。。

 

子守歌かい!!

 

 

ってことでテーマは、、

 

迎える気持ちをもつ

 

 

あなたのお店は一人でもスタッフさんを雇ってますか?

 

受付や電話応対、予約管理、経理的なこと、など本業務に携わってなくてもですが、

 

自分以外の誰かがお店にいる場合、お客様からしたらお店の人になりますよね。

 

お店に来てくれた方にはもれなく全員が挨拶したほうがいいですね。

 

こんにちは、おはようございます!の声掛けはお店に迎えられてる空気をお客さんに伝えることができます。

 

担当してるから集中してそのお客様のことをよく知ってる。そりゃそうだけど、

 

担当してなくても、そのお客様が何が好きで前回どんなことを話たか?

 

くらいはカルテに書いてあるはず。

 

会話に入る機会もあるかもしれない。

 

つまり担当者じゃなくてもお店に来てくれてるお客様に興味をもちましょう!ってことですね。

 

カルテが重要

 

カルテとは技術方法や薬剤配合だけでなく

 

お客様の希望や感情、その時の反応、話した内容、勧めたこと、未来の自分が見たとき

 

前回の事がすべて思い出せるくらい書き込むことが大事です。

 

そのくらい書かないと違う誰かが見たときにお客様の事がわからないから。

 

何が嫌で何が好きなのか、髪の事はもちろん日常の事もたくさん書いておけばお客様に嬉しいことがあったんだな、とかわかって声掛けができたり、

 

話に加わることができたりでお店の雰囲気も良くなると思います。

 

カルテがあるならその日のうちに簡潔に手紙を書くように書きましょう!ってお話でした。

 

 

PS

うちのお店ではお客さんとお客さんや他のスタッフが僕の髪型や服装をネタに話してます。

最近、韓国俳優を意識してるとか、やせただとか、いつも適当なこと言ってるから全部信じないほうがいい

だとか。

これからも話題を振りまいていくぜ!