気づきの為のブログ

2018 / 11 / 01  12:29

ありがとう。初心にかえる。

先日飲みに行ってきました!

 

だれと?

 

皆さん仕事に対する想いがしっかりしてて、向上を続けてる尊敬できる美容師さんたちと飲みに行きました!

 

刺激があるよ!

 

 

そこでの会話であったのが、指名をふやすには?独立を考えている。家族のことを考えると躊躇してしまう。

 

僕が独立開業したときは1人でしたから、

自分さえがんばってやればどうにかなるだろう位なかんじでしたから。

 

ただ、最初のうちは日々の売上に気持ちが上がり下がりして

精神的にもきつかった。

 

半年くらいで「なるようにしかならん」と開き直りましたけど。

 

今回初めてお会いした素敵なアラサー男子二人は家庭をもち、スタッフ教育、自身の成長を日々精進してる方々。

 

そのころの僕に比べたらホントしっかりしてる。

 

またお話したいなと思う方たちでした。

 

初心

 

指名をつけるためにはどうすれば?

 

そんな話をしてて思い出すのが、、、

 

 

オープン初日。

 

あの日の最初のお客様はオープン日を2か月待ってくれてた勤めてた頃からのお客様でした。

 

予約を入れて頂いてたので、僕はドキドキしながらお客様を待ちます。

 

ひとりでお客様をお迎えするのは人生初です。

 

「おはようございます!お待たせしました。今日からまたよろしくお願いします!!」

 

すると、お客様から一言。

 

「あなたがんばってたものね!またよろしくね!」

 

ふと泣きそうになる。

 

僕をちゃんと見てくれてた人がいたんだ。。

 

その瞬間に思った。

 

ありがとうございます。ありがとうございます。

 

心からありがたいって感謝の気持ちが生まれた。

 

今までもありがとうございます、は何回も何千回も言ってきた。

 

でもこの時ほど心の奥底から感謝のありがとうございますを言ったことはなかった。

 

 

お客様のために

 

指名をとる。売上を上げるため。どうしたら指名がとれるか。

 

それはすべて結果だ。

 

僕たちはたまたま理美容師という仕事を好きで技術を学んできた。

 

その技術でお客様の為に何ができるか?

 

どうしたら喜んでもらえるか

 

どうお客様の毎日を応援できるか

 

お客様の為に、、

 

感謝を忘れない。

 

〇〇さんのためにこの技術を習ってきた。

 

〇〇さんのためにこの知識を勉強した。

 

それでいい。一人のお客様の為に学ぶでもいい。

 

それが他のお客様にも生きてくるから。

 

 

僕は初日を思い出した。

 

心からありがとうの感謝を知った日の事を。

 

まずはお客様のために自分は何を伝え、何が提供できるか。

 

指名は後からついてくるよ!