気づきの為のブログ

2018 / 09 / 11  00:33

二人の違いとは

田仲は取引先の責任者とガッチリ握手をした。

 

 

 

同期入社の2人はお互いを営業部のライバルとして切磋琢磨しながら新しい取引先を開拓すべく毎日競い合ってきた。

 

ふたりとも営業部では期待の若手で順調に同じように営業成績を伸ばしてきていた。

 

今回、2人同じ時期に新しく取引先になってくれそうな会社の話が進み、最後の責任者の前での大事なプレゼンを控えていた。

 

田仲「お互いもうすぐ大事なプレゼンだな。しっかり準備して契約とってこようぜ!」

 

佐藤「そうだな!お前に負けないように俺もしっかり準備してるから、自信あるよ。」

 

 

 

 

プレゼンを終えて、、

 

 

 

 

田仲は取引先の責任者と満面の笑みでガッチリ握手をし、見事に新しく取引先を増やすことに成功した!

 

その日の夜、田仲と佐藤は仕事終わりにお互いの報告を兼ねていつもの居酒屋で待ち合わせをしていた。

 

田仲「お!佐藤どうだった?俺はうまくいったぞ!最後握手までしてさ!」

 

佐藤「・・・」

 

佐藤「俺は今回ダメだった。。」

 

田仲「え!?    そうか、またがんばろうぜ!今日はおれが奢るから!次にお前がうまくいったら奢ってくれよ!」

 

佐藤「そうだな。次またがんばるよ!  あれ?田仲。お前髪型変えた?」

 

田仲「お!わかる?プレゼンに合わせてさ、ビシッと見えるようにいつもの美容室にカットしに行ってきたんだよ」

 

佐藤「俺、2か月くらい行ってないかも。プレゼンしてる時も前髪が目にかかって邪魔でさ。

  そういえばずっと髪を横に手でかきあげるようにしてたかも」

 

 

 

 

今回二人の明暗を分けたのは身だしなみだった。

 

 

 

資料内容、プレゼン力は同じくらいのスキルを持っていた。競うように成績を伸ばしてきていた二人。

 

今回は違った。田仲は清潔感のあるスッキリしたヘアスタイルにして、プレゼン当日を迎えていた。

 

スーツに似合うできる男のショートスタイルで周りをスッキリ刈上げ、ジェルで上をねかせて前髪を上げた爽やかな清潔感のあるスタイルにしていた。

 

田仲は身だしなみを整えていたのだった。

 

 

 

 

 

これ、カットの宣伝の文章。

 

 

今朝、自宅のパソコンでダーっと書いてみました。

 

 

この文章の後に

 

大事な日の前に! スーツの似合うカット ○○○○円

 

とか売り込みにつなげてみたりとか

 

構成を考えたりしてセールスするのが

 

セールスコピーライティング。

 

 

 

面白いですよ。ほんと!

 

 

ありゃ、仕事行く準備しなきゃ!

 

 

2018 / 09 / 10  00:31

方向性見えてきた、、

朝の自宅から・・

 

 

春頃からここの講座をうけてます。

 

はい。40から50万くらい自己投資してます。

 

なんでか?

 

こういう事が楽しくて好きだから。

 

こういう事って何?

 

 

それは、マーケティング。

 

 

マーケティングとは問題を定義してそれを教育すること。

 

 

こんなことで困ってませんか?

 

これで悩んでませんか?

 

 

と問題や悩み、困ってることを定義してそれらを解決、改善、解消できるように教育すること。

 

 

でもね、マーケティングを勉強すればするほど、

 

 

その前に身につけなきゃいけない技能があることに気づいてしまったのだ。

 

 

それはセールスライティング。

 

 

去年毎月折り込み広告を同じ地域に6000枚いれてた。

 

 

でも1人~2人の新規のお客様がご来店。(反応としてはこのくらいなのかも)

 

 

あまり効果がない気がした。

 

 

でもそうじゃないかもしれない

 

書き方が悪いんじゃないか?

 

試行錯誤を重ねながら毎月書いていた。

 

 

勉強していくとこれが足りなかった。あれが足りなかった。

 

と、

 

完成度の低い原版に気づく。

 

 

ちゃんと勉強してみるとこれじゃ人は動かない。

 

 

動く理由がない。このお店に行かなきゃいけない理由がない。

 

 

そこでマーケティングの講座を続けていくうちに必要な能力に気づいた。

 

 

それが

 

 

セールスコピーライティングだった・・・

2018 / 09 / 08  00:25

お客様にとって必要な情報を伝える

お客さまに行動の理由を伝えることによって

 

価値が伝わる。

 

 

カウンセリングの時に

 

今日のカラーは新しく生えてきている黒髪のところには○○なカラー剤を使ってトーンアップと赤味が出ないような配合にしていきますね。

 

既に明るくなってる髪のところには色を入れるだけの力があればいいので髪に与える影響を最小限にして色味を合わせて統一感をだしていきますね。

 

 

これもカラーを塗り分けることにより、カラーによるダメージを最小限に抑えてお店でしかできないカラーリングの塗布方法の価値を伝えてることになります。

 

皆さん普段からお客さまに伝えながら塗布してると思います。

 

 

また、シャンプーするときも季節に合わせてやスタイルに合わせて、そのお客さまに使うシャンプーを質感の違うシャンプーに変えたりするときないですか?

 

そんな時、なぜなら○○だからなんですよー

 

とか湿度が上がってくるので○○な質感のシャンプーのが○○さんの髪にはあってますよ!

 

など、シャンプー剤ひとつでも伝えることによりお客さまは気づくことが増えていくんです。

 

へぇーそうなんだ!それならシャンプー使ってみようかな!ってなるかもしれませんよね。

 

 

伝えることはお客さまの気づきを促し髪に対する情報や知識を増やしてあげることにつながります。

 

その導き手は、お客さまを担当させて頂いてるあなたの役目です。

 

お客さまの髪の為に良いこと、季節に合わせたお手入れ方法、スタイリングアドバイス、髪や頭皮の知識を

 

ニュースレターで発信することで、髪についての悩みや困ってることはここで聞いたら教えてくれるから安心ね!

 

と、お客さまにとっての髪の導き手という立場が明確になってきます。

 

(書く時は一人のお客さまに向けて書いたほうが書きやすい。○○さん、たしかこんなことでお悩みだったなぁとか。)

2018 / 09 / 07  00:23

理由を伝えるって大事

ニュースレターを使って理由を伝えて価値を伝える

 

 

ニュースレターに限らず

 

 

お客さまには一言添えて

 

そのお悩みにはこういった理由で、こんな方法で、解決していきますね!改善していきますね!

 

 

と、選択した施術やお薬の判断には理由があると思いますので

 

 

それを伝える習慣は大事です。

 

お客さまの髪についてのお話の割合が増えていきますので、お客様の為の髪のお悩み改善に取り組んでるサロンとしての

 

立ち位置も明確になります。

 

 

ネットで予約を頂く時も

 

予約が確定しましたよーって返信メールを送ってますが

 

その文章の中に、今の髪のお悩み、伝えたいことなどございましたら、聞かせて下さいね!

 

 

みたいなことを書いてあると7割のお客さまは

 

 

気になってること、叶えたいこと、など書いてくれますので

 

 

そう、お店に来店されるときのお客さまにも当たり前ですが、ちゃんと理由があります。

 

 

それを踏まえてお話をさせて頂いて、それを改善するためにこんなことを今日はしていきますね!

 

もしくは施術しながら今してる施術の理由を伝えながらすることで

 

 

お客様の為にさせて頂く一つ一つの行動に価値が生まれてきます。

 

 

お客さまからは、信頼され私の髪のことはここで聞いたら、相談したら大丈夫ね!

 

と安心頂いてサロンに通っていただくことができますね。

2018 / 09 / 06  00:21

理由を伝えて価値を高める

毎月発行のニュースレター

 

 

毎月なんて面倒くさい!

 

 

みんなそうです。

 

 

だからこそ地道な作業や努力は他店との差別化につながります。

 

 

って前回のお話でした。

 

 

そして、商品(施術なども)を売っている理由を伝えてますか?

 

 

ってことで

 

 

何故、理由を伝える必要があるのか?

 

 

例えばカット。

 

 

今回のスタイルでは○○さんの場合は顔周りのカットをこんな風に工夫してカットしよう。

 

そう思い顔周りの髪の引き出し方や軽さの作りをカットしました。

 

 

そこで、カットしてるときでも、最後のクロージングトークのときでも

 

お客さまにこう伝えます。

 

「○○さんの今回のスタイルに合わせてお顔周りのカットはこういう風にカットさせて頂きましたので、ご自宅でもお手入れがしやすくなると思いますよ!」

 

これで初めてお客さまに伝わります。

 

顔周りのカットを私の髪に合わせて考えてカットしてくれたのね!と。

 

 

休みの日に勉強しに行ってカットの腕をみがいてるなら

 

 

そのカットの価値を伝えたほうがいいですよ!

 

どうしてこういう風にカットしたのか、理由を伝えることによって価値が伝わります。

 

 

お客さま一人一人に合わせてカットしてますよね。

 

 

カットを例にしてお話しましたが、

 

 

ニュースレターにもそんなことを書いても良いと思います。

 

仕事中にお客さまのことを想ってした施術はちゃんとニュースレターを読んだ人には伝わります。

 

いつも勉強熱心だな!

 

ちゃんと考えてやってくれてるのね!

 

 

あなたへの信頼度がより上がり、結果、定着率もより上がるとおもいますよ!

 

 

言葉で伝えて、紙面でも伝えて価値を高める努力をしてみませんか?

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10